トップページ サイトマップ English
トップページ>本学科のポリシー
本学科のポリシー

アドミッション・ポリシー


(本学科の入学生受け入れ方針です。)

 常に時代の要求に応じた新しい電子情報システムを構築することができる技術者の養成を教育の理念としている。

この理念に基づき、社会の変化を正しく理解できる教養と判断力、理性を備え、電子工学と情報工学の基礎を理解して情報システム工学あるいは電子情報工学の技術開発に寄与できる技術者を養成することを目標としている。

この目標を実現するために、電子情報工学の分野に対する興味を持ち、電子工学、情報工学の専門的な学習を行うために必要な数学・語学の基礎学力と論理的な思考能力、一般的な倫理観をもった入学者を求めている。

カリキュラム・ポリシー


(本学科のカリキュラム作成の方針です。)

 電子工学と情報工学の基礎的知識を習得した上で、それぞれの専門的な技術を習得することを基本的な方針としている。

そのために、1年次に電子情報工学への興味を駆り立てて学習意欲を向上させるべく、応用システムや研究の紹介などを行う科目を配置し、2年次以降は学生の希望と適性に従って電子通信コース・情報コース・情報システムコースのいずれかを選択する。

2年次以降にも、両分野の共通科目および関連科目を配置している。
教育効果を高めるため、1年次前期、2年次後期、3年次後期には少人数クラスによる演習科目を配置している。

また、4年次には、社会の変化を正しく理解するための教養と判断力、理性を備えた技術者を養成するための講義を配置している。

ディプロマ・ポリシー


(卒業認定・学位授与に関する方針です。)

 次に示す素養、能力を備えていることを各科目で厳格に確認した上で単位認定を行い、必要なすべての単位を取得した人材に学位を認定し、社会に輩出する。

(A)社会の変化を正しく理解するための教養と判断力、理性
(B)電子工学と情報工学の基礎を理解する能力
(C)電子情報システムを構築できる能力
 
▲ページの先頭に戻る

 

Copyright (C) Fukuoka University Department of Electronics Engineering and Computer Science All Rights Reserved.ログイン
Powered by AliveCast