トップページ サイトマップ English
トップページ>教育理念、教育目標、教育方法
教育理念、教育目標、教育方法

教育理念


 現在、情報処理技術の飛躍的な進歩は社会における電子情報システムの役割を質的に変えており、「IT革命」と呼ばれるまでに至っています。このような状況において、時代に応じた最新の情報処理技術を持つ技術者を養成することは、社会からの強い要請です。そこで、本学科では、福岡大学工学部の教育理念「十分な社会的良心に基づいた責任感を有し、時代に即応した判断力と、科学技術を以て社会の持続的発展に貢献する人材を育成すること」に基づき、常に時代の要求に応じた新しい電子情報システムを構築することのできる技術者を養成することを教育の理念としています。

教育目標


 福岡大学工学部の教育目標「工学(技術)者に求められる豊かな創造性と実務に促した応用力を育成するために、十分な基礎学力にくわえて深い専門の科学技術を教授し、さらに幅広い教養を修得させて調和のとれた人格の発達を促す。」に基づき、社会の変化を正しく理解するための教養と判断力、理性を備えた技術者を養成することを目標としています。専門分野においては、電子工学と情報工学の基礎を理解し、情報システム工学あるいは電子情報工学の技術開発に寄与できる技術者を養成することを目標としています。具体的には、コンピュータ・ソフトウェアの基礎知識を有する電子工学技術者と電子工学の基礎知識を有する情報処理技術者を育成します。

教育方法

上記の教育目標を実現するために本学科で行っている具体的な教育方法を次に示します。

【2015年度以降入学生】

(1) 1年次に電子工学と情報工学に共通の基礎科目を履修した後、学生は希望と適性に従って電子通信コース、情報コース、情報システムコースのいずれかを選択します。電子通信コースでは電子工学と通信工学、情報コースと情報システムコースでは情報工学をより深く学習します。情報システムコースは日本技術者教育認定機構の認定を取得した教育プログラムです。

(2) 2年次以降、学生は各コースのカリキュラムに従って学習しますが、共通科目および関連科目を通して電子工学と情報工学の関連を常に意識しながら学習します。

(3) (2)の目的を達成するため、科目関連図およびモデルカリキュラム図を入学時のオリエンテーションで配布し、講義中にこれを引用します。

(4) (3)と同様に座学と実験・演習科目の関連性を、科目関連図およびモデルカリキュラム図を用いて周知徹底します。

(5) 社会の変化を正しく理解するための教養と判断力、理性を備えた技術者を養成するための講義(情報職業論)を4年次に配置します。

(6) 1年次に電子情報工学への興味を駆り立てて学習意欲を向上させるべく、応用システムや研究の紹介などを行う科目(電子情報工学特論)を配置します。また、2年次後期と3年次後期には学生を各教員で分担し,専門的な実験・演習を小人数制で行います(電子情報基礎演習、電子情報工学特別演習)。

(7) 学部教育の目標は基礎科目の理解を徹底させることとし、高度に専門的な内容は大学院に委ねます。

 

【2014年度以前入学生】

(1) 1年次に電子工学と情報工学に共通の基礎科目を履修した後、学生は希望と適性に従って電子情報コース、情報デバイスコース、情報システムコースのいずれかを選択します。情報デバイスコースでは電子工学、情報システムコースでは情報工学をより深く学習します。電子情報コースでは電子工学と情報工学両分野の科目について広く学習することができます。

(2) 2年次以降、学生は各コースのカリキュラムに従って学習しますが、共通科目および関連科目を通して電子工学と情報工学の関連を常に意識しながら学習します。

(3) (2)の目的を達成するため、科目関連図およびモデルカリキュラム図を入学時のオリエンテーションで配布し、講義中にこれを引用します。

(4) (3)と同様に座学と実験・演習科目の関連性を、科目関連図およびモデルカリキュラム図を用いて周知徹底します。

(5) 実用化されている総合的な情報システム全体の仕組みや社会の動向を知るため、企業人を講師として招き入れた講義(電子情報産業論)や社会の変化を正しく理解するための教養と判断力、理性を備えた技術者を養成するための講義(情報職業論、情報化社会論)を4年次に配置します。

(6) 1年次に電子情報工学への興味を駆り立てて学習意欲を向上させるべく、応用システムや研究の紹介などを行う科目(電子情報工学特論)を配置します。また、1年次後期と3年次後期には学生を各教員で分担し、専門的な実験・演習を小人数制で行います(電気回路演習(2010年度入学生まで)、電子情報基礎演習(2011年度以降入学生)、電子情報工学特別演習)。

(7) 学部教育の目標は基礎科目の理解を徹底させることとし、高度に専門的な内容は大学院に委ねます。

本学科のポリシー


 アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシーはこちら
▲ページの先頭に戻る

 

Copyright (C) Fukuoka University Department of Electronics Engineering and Computer Science All Rights Reserved.ログイン
Powered by AliveCast